葬儀

人生は長くてはかないものです。人は必ず死亡します。そんな時に準備しておけばいろいろとスムーズに事が運びます。ここでは、葬儀について知っておきたい豆知識をブログにしました。

スポンサーリンク
葬儀

年忌法要の流れのフロー!1周忌、3回忌、7回忌、13回忌などです!!

年忌法要の流れのフロー!1周忌、3回忌、7回忌、13回忌などです!!その他にも二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌まであります。父や母などの年忌法要が重なった場合は、合斎や併修などと呼びとりおこないます。年忌法要を大切に!!
葬儀

葬儀後の手続きの一覧表のまとめ!やるべきことがわかるフロー!

葬儀後の手続きの一覧表のまとめ!やるべきことがわかるフロー!葬儀が終わっても意外とやるべき手続きが多いです。故人の確定申告や遺産の把握や遺産分割協議などがあります。必要に応じて相続税の申告や住居の名義変更など忘れてはいけない手続きをチェック!
葬儀

お彼岸とは?3月と9月の中日を指します。この日は先祖供養を!!

お彼岸とは?3月と9月の中日を指します。この日は先祖供養を!!しましょう。仏教では彼岸を悟りの世界を意味します。悟りの境地に必要な6つの教えを「六波羅蜜」といい、彼岸期間に1つ1つ教えを悟ることだと言われています。大切な日です!!
スポンサーリンク
葬儀

新盆(にいぼん)、初盆(はつぼん)は、忌明け後の初のお盆を指す。

新盆(にいぼん)、初盆(はつぼん)は、忌明け後の初のお盆を指す。ここでは、新盆の準備や手順などを紹介します。そして、代表的な飾りつけなどにもふれています。基本的には僧侶を招き読経することが古くから伝わる習慣です。菩提寺に連絡をしましょう。
葬儀

相続と遺産分割!!法定相続人など知っておいて損はしない豆知識!!

相続と遺産分割!!法定相続人など知っておいて損はしない豆知識!!故人の死後、財産があれば相続人で財産分割が行われます。こうした場合、遺産の法廷分割の比率などを知っておいて損はしません。遺言書があっても遺留分などは保障されるのもこの国の制度です。
葬儀

故人が亡くなったら、遺言書の確認を行いましょう。資産家の場合は重要!

故人が亡くなったら、遺言書の確認を行いましょう。資産家の場合は重要!相続に関するお金にまつわる問題は、遺族間つまり、兄弟姉妹の間でも争いは絶えません。そうした場合に有効なのが法的に有効な遺言書です。生前に整理できている人なら素晴らしい。
葬儀

故人の葬儀の後で、遺族年金などの請求手続きを行いましょう!!

故人の葬儀の後で、遺族年金などの請求手続きを行いましょう!!日本には公的な年金制度は国民年金などをベースに民間サラリーマンが加入する厚生年金、公務員が加入する共済年金などの二階建て構成が主流です。当然、遺族が受給できる資格もあります!!
葬儀

故人の葬儀の後で、生命保険の請求手続きを行うことを忘れずに!

故人の葬儀の後で、生命保険の請求手続きを行うことを忘れずに!生命保険には、各生命保険の生命保険に、かんぽ生命の簡易保険、勤務先などが加盟している団体生命保険などがあります。生前にどの生命保険に加入しているのかを確認しておきましょう!!
葬儀

納骨と納骨式は、遺骨をお墓に納めることです。忌明け法要後が一般的。

納骨と納骨式は、遺骨をお墓に納めることです。忌明け法要後が一般的ですが、現在では葬儀後に遺骨になることが多いので大部分の遺骨を葬儀後にお墓に納めて、一部の遺骨を忌明け法要まで保管してその後に納骨されたお墓に納骨する地域などもあります。
葬儀

四十九日法要とは?忌明け法要の意味で仏教では満中陰と呼ばれる日。

四十九日法要とは?忌明け法要の意味で仏教では満中陰と呼ばれる日。この日までには地獄の閻魔様が故人の行き先を天国か地獄かという魂の行き先の審判の日だとも言われています。故人の成仏を願って盛大に行われる地域もある重要な儀式だといえます。
スポンサーリンク