スポンサーリンク
イベント

冬至ってどんな意味?その行事や習慣など、ゆず湯に入るのはなぜ?

冬至ってどんな意味?その行事や習慣など、ゆず湯に入るのはなぜ?二十四節気の一つです。1年で最も夜が長い日と言われています。例年では12月の22日ごろを冬至と呼ばれています。風邪をひきやすいとされ、温かいゆず湯に入り風を予防する習慣もあります。
イベント

春分の日とは?国民の祝日で自然をたたえ生物をいつくしむ日です。

春分の日とは?国民の祝日で自然をたたえ生物をいつくしむ日です。1948年に公布された国民の祝日に関する法律で定められた日です。国立天文台が毎年算出し、3月20日か3月21日ごろと決められています。毎年違う祝日の日だともいえます!!
イベント

衣替えの時期はいつ?もともとは、平安時代の宮中行事が由来です。

衣替えの時期はいつ?もともとは、平安時代の宮中行事が由来です。時期は、暑くなる夏に向けて冬の着物から夏の着物に夏の着物から冬の着物に衣服を代えることを指しています。江戸時代には春夏秋冬の4回も衣替えがあったそうです。現在はおおよそ2回ですね?
スポンサーリンク
イベント

お彼岸ってどんな日なのですか?その時期や行事などを解説します!

お彼岸ってどんな日なのですか?その時期や行事などを解説します!日本独自の風習で先祖の霊を敬う日だとされています。その時期は春分の日とその前後3日間を彼岸といいます。彼岸とは別名であの世を指しているので霊を供養する日だと言い伝えられています。
イベント

2月8日は、針供養の日。裁縫上達を願って行われてきた伝統行事です!

2月8日は、針供養の日。裁縫上達を願って行われてきた伝統行事です!使い古した針や折れたりした針などを豆腐やこんにゃくに刺して神社に納めて裁縫の上達を願う歴史的な行事でした。女性のための神様ともいわれ淡島神社に納めるのが一般的だと言われています。
お寺参り

初午(はつうま)ってどんな行事?稲荷神社で豊作を願う祭りです!

初午(はつうま)ってどんな行事?稲荷神社で豊作を願う祭りです!意外と知られていない年中行事ですが二月の最初の午の日が「初午」です。全国の稲荷神社で五穀豊穣・商売繁盛を祈願する祭りとしても有名です。その起源は京都にあると言われています。
イベント

端午の節句とは?5月5日は、五節句の端午です。「こどもの日」

端午の節句とは?5月5日は、五節句の端午です。「こどもの日」です。もともとは菖蒲(しょうぶ)などの薬草を摘んで病気や災いを防ぐ風習からきています。菖蒲が武道を重んじる「尚武」に通じるので男子の節句になったということですが、その起源は中国です。
イベント

立春とは?二十四節季(にじゅうしせっき)のなかの1つです!!

立春とは?二十四節季(にじゅうしせっき)のなかの1つです!!二十四節季は、古代の太陰暦とも違い季節を春夏秋冬に4等区分された暦の技法で節季と中気から成り立っています。暦の上では春の訪れを指す季節の変わり目といえ、立春後春が訪れます!! 立...
イベント

節分とはどんな行事?立春(2月4日)の前日を指し、悪霊祓いを行事の一種!

節分とはどんな行事?立春(2月4日)の前日を指し、悪霊祓いを行事の一種!その昔、季節の変わり目に鬼が出ると考えられていました。その鬼を追い払うために全国で節分の夜に豆をまいて災いや病気から身を守るために行われていた日本古来の行事です!!
お寺参り

お盆の期間は先祖の霊を迎え入れ、再び送り出す行事。マナーや風習など紹介

お盆の期間は先祖の霊を迎え入れ、再び送り出す行事。マナーや風習など紹介します。関東地方では7月15日、地方では8月15日に行われていますが、全国各地で様々な風習のある先祖を祀る日本では一大イベントの1つともいえる行事だといえます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました