河合案里議員が失職?公設秘書の有罪判決確定!歳費返還義務も浮上!

ニュース
楽天タイムセール!!開催中!

河合案里議員が失職?公設秘書の有罪判決確定!歳費返還義務も浮上!元広島県議会議員で参議院国会議員の案里氏。数々の華やいだ経歴やプロフィールから一転!夫の克行氏との公職選挙法違反で現在も裁判が続いています。国のルールを守ることが必要という司法の声なのでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

河合案里議員の失職が確定?公設秘書の有罪判決確定で連座制適用!歳費返還も浮上!!

 

 

 

 

 

 

公職選挙法違反で夫の河井克行氏と妻の案里議員の二人が逮捕されました。

 

 

 

 

 

 

共産党委員長の志位さんのツイートです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日、公設秘書の公職選挙法違反事件の有罪判決が確定したために連座制が適用される模様。つまり、失職するということです。

 

 

 

 

 

 

河合案里議員の逮捕までの流れ

 

 

 

 

広島地検は公職選挙法違反容疑で河井案里議員の公設秘書を3月3日に逮捕したという報道から始まります。

 

 

 

 

 

 

2020年6月に疑惑が浮上しました。公職選挙法違反で現金の配布です。

 

 

 

 

 

 

噂や疑惑とおり、2020年6月に逮捕されます。

 

 

 

 

 

 

 

約4か月も勾留されていました。夫の河井克行氏がいまだに保釈されないようですからきっと口裏合わせをしないように夫の保釈は認められていないのでしょう。きっと夫の克行氏は一発実刑になると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポイントを述べます。

公設秘書立道浩氏の司法手続き

 

 

 

1、2020年6月16日・・・広島地裁で懲役1年6か月、執行猶予5年の判決

 

 

2、控訴して8月31日広島地裁で控訴棄却

 

 

3、11月25日、上告して、最高裁で上告棄却、1審、2審判決が確定

 

 

つまり、有罪判決が確定したので議員である河井案里氏にも連座制が適用され失職するというシナリオです。

 

ここで、検察側が案里氏の当選無効を求めて広島高裁に提訴し勝訴すれば失職します。

 

 

 

河井案里議員失職までの流れ

 

 

 

 

今後の政治家としての失職が起きる過程をツイートから共有しました。

 

 

 

1、2020年6月に公職選挙法違反容疑で逮捕される

 

 

2、2020年7月に公職選挙法違反で起訴される

 

 

3、2020年8月25日に東京地裁で初公判

 

 

4、12月25日に結審

 

 

5、案里氏の罰金刑以上の有罪判決が確定すれば失職します。(控訴・上告などで年明けにずれる可能性があります。)

 

 

 

河井案里氏の失職で歳費返還も浮上!!

 

 

国会議員の歳費と呼ばれる給料に関する部分ですが、こちらも当選無効になれば返還義務が生じるようです。

 

 

一般には、年収2000万円くらいと言われていますが、様々な諸経費や優遇などの待遇部分も合わせれば1年間で国会議員に当てられる費用は、7000万円~1億円にも及びます。

 

 

こうした経費分も使えなくなるうえに支払った給与分と呼ばれる歳費の返還も一般人になってしまっては、莫大なものとなります。

 

 

仮に就職したとしてもよくて手取り20万円の生活なら2000万円を超える歳費の返還にも相当苦労します。今までの人脈で高給で雇い入れてくれる企業や会社などがあればいいのですが?

 

 

 

 

国会議員の歳費に関するツイートです。

 

 

 

 

国会議員の給料はどのくらい?その仕組みなどをわかりやすく解説!

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました